この作品はフィクションであり実在の企業・ロボット・国・人物とは一切関係ありません。

 中華陸軍機甲部隊 使用機体

H I T − 3

 2003年、発表。コストを抑え、生産性を上げた量産型先行者。先行者を特徴付けるタオ・システムはあまりに生産性が低く、また高コストであったため実戦に配備できる先行者は数機しか作られず、全機がワン大尉率いる機甲部隊に託されていた。
 
こちらのHIT−3にはタオ・システム及び中華キャノンは付いておらず、先行者のような多彩な装備も持たない。しかしその分、陸戦重視の設計がなされており、耐久性は先行者以上である。操作性のクセも無く、短期間の訓練でパイロットを育てられるため、新兵の練習機から実戦の後援機として中華陸軍全部隊に広く配備されていた。
 いまとなっては十年前の機体であり、やや旧式化したきらいはあるが、その重量級の機体から繰り出される中華キックの威力は健在。操縦士の腕によっては思わぬ性能を発揮する。今回も先行者の後援機として、時に主戦力として可動品は全機が投入される。

▼装備▼
二連式ランチャーロケットx1、中華キックx2
参考資料

先 行 者

 2002年発表。中華陸軍の十年来の研究が結実した高性能RA。先に行く者、として名付けられたその名前に相応しく従来のRAの動力システムに加えてタオ・システム(霊的機関)を備えており、大気や大地の龍脈を流れる"気"のエネルギーを吸収して屈伸運動とともに高出力ビーム兵器「中華キャノン」に流し込んで発射する。また同システムを利用した飛行機関「中華ジェット」を装備するなど、パイロットの腕前によって、どこまでも強くなる先行者は細身の装甲を補って余りある可能性を秘めた中華陸軍の最強機体であった。

 ただし、今回は前戦から10年が経過。いかに同時代のRAを圧倒していた先行者といえど時の洗礼からは逃れられなく、2013年のRAを相手には苦戦が予想される。ワン大尉による機甲部隊召集と同時に、民間研究所に働いていた先行者の元開発主任である劉蘭花及び開発スタッフも呼び戻され改造計画が立てられた。かつて先行者を壊したくない一心で様々な強化パーツを開発した劉蘭花の腕前に今回も期待が寄せられる。

▼装備▼中華キャノンx1、ガトリングx1、中華チョップx2、ドリルパンチx1、中華ファンネルx10(最大)、中華ブレードジェネレーターx1、投下型爆雷x1。(サブウエポンは弾薬庫の容量的に競合あり。) 
▼機能▼タオシステム、中華ジェット

参考資料


ゲームのスポンサー広告です。よかったらクリックしてみてください。

 2013年に出現した新型RA達

R A − A I B 2 0 1 3

 アジア一年紛争(RA戦争)にて新日本軍が独占的に使用していたイヌ型無人RA−AIBの改良型とみられる。格段に機動力が向上し、そのAI部分にも改良が施されているのがわかる。処刑を免れたRAプログラマーの存在が背後には浮かんでくる。
 RA−AIBそのものは民生品の自律型ロボットをベースにしていただけに、防御力、戦闘力共にそれほど高くないが生産性が高く、また集団行動型のプログラムを施されているので単体よりも群をつくられた場合は危険となる。
 小型で素早いためにガトリングでの攻撃が最も確実と思われる。

▼装備▼対RAミサイルx1、ヒートクローx1

R A − A S M 2 0 1 3

 アジア一年紛争(RA戦争)において新日本連合軍が主力RAとしていたSNC製のRA−ASM。先行者登場まではアジア最強のRAとも言われた名機だけあって、長期に渡って同モデルが複数発表されていた。またそれだけのバリエーションを展開するだけの汎用性をもった機体だったともいえるだろう。
 SNC無きいま、誰が何の目的で蘇らせたのかASM−2013はフォルムこそ異なるもののRA−ASMMと同型と思われ、バックパックの小型化やライフルの小型化をみるに限界性能もASMより上がっていると思われる。
 2013年、終戦記念日に天安門広場での記念式典に乱入。惨劇に変えたのはこの機体である。

▼装備▼ライトセーバーx1、ビームライフルーx1

P P R − 2 0 1 3

 一年紛争初期、新日本軍のとった質量作戦が失敗におわった その最大の原因はパイロットの人的能力を見誤ったことだっただろう。 [性能×量]の積算では間違いなく数機しかいない先行者には勝てるはずだった。
  ところが完全に性能を引き出された先行者の前には 新兵器でさえ、いや、かえって 強力な新兵器だからこそTMシリーズは僚機にばかり脅威となってしまったのだった。
 先行者のたび重なる活躍を前にRA企業各社によって RA−ASMの予測狙撃システム、大型RA"TM500"の装甲分離機構など いくつか設計思想の異なる第二世代RAが開発された。 なかでも異彩をはなったのは1年紛争中盤にいたって 戦闘の効率化をすすめるべく投入されたN社製のPPR−01だっただろう。

 これは複数社RAに互換性をもつプロトコルを装備し、ほぼ無音に近い駆動音で戦場を走り回りながら各機識別をして状況によって小隊規模で戦術を指示する。兵器らしからぬフォルムにはステルス加工を行われており、PPRは日本軍の小さな司令官として、時に諜報員として先行者を大いに苦しめた。
 本機はこの非戦闘型支援RAのPPR−01の設計思想をそのまま受け継いだと思われるRAであり、名称もそれを受け継ぎPPR−2013と識別コードをつけられた。背中の突起は取っ手でなくアンテナ、のようだ。

▼機能▼ステルスx1、汎用通信回線x1

T M 4 0 0 0

 TM400後継機。TM400は空中からの対地戦闘を主眼に起き、高出力ジェネレーターにより飛行可能(陸上での運用は不可能)とした大型RAであった。高い耐久性と高火力により優れた戦果を上げたが、「接近戦に弱い」 「旋回能力が低い」などの問題点があり中華ジェット装備の先行者には苦戦を強いられた。
 紛争末期には接近戦の弱さをフォローすべくサイコミュ兵器であるファンネルを装備した改良型も登場したが、この特殊兵器を制御できるのは通常の人間よりも感覚機能の研ぎ澄まされた「強化人間」(もしくはそれ以上に"進化"した人間)だけであり、この人格面に破綻をきたす事も多いこの強化手術の影響か、TM4複数機による連携は必ずしもうまくいっていなかった。

 今回はどのようなパイロットが操縦しているのかは不明だが。そもそもRA条約と共にRA兵器の製造は永久停止とされ強化パイロットの養成を行っている国は(少なくとも表向き)存在しない筈であるが…その動きをみるかぎり乗っているのはかつての強化人間とよばれたパイロットとは較べようもなく、この新たなTM4を熟知し、安定した能力をもつパイロットなのは間違いないようだ。
 サブバーニアを搭載して旋回能力も向上したTM4000、相変わらず足など飾りといわんばかりのその頑なデザインはますます洗練され、一介のテロリストが作り得るものとは思えない機体となっている。

▼装備▼腕部ミサイルランチャーx2、拡散ビーム砲x1、多弾頭長距離ミサイルx2、補助機関砲、ファンネルx16(理論値)

T M 5 0 0 0

 かつて川村三佐が先行者と死闘を繰り広げた巨大RA「TM500」。タイラント(暴君)、白い悪魔…等と開発スタッフからもささやかれ、二度と作られることはないと思われた最強最悪のRA兵器が何者かの資金投下により十年の間に完成していた。
 火力、耐久性ともにTM4を圧倒し、TM4の弱点であった接近戦能力も先行者のドリルパンチ以上の破壊力をもつギガンティックシザーを装備。超重量級の機体を動作させるために、バックパックには小型の核融合炉を搭載し水蒸気を巻き上げて移動する。

 かつての試験投入時には、火気管制システムに欠陥がありその尋常でない火力をもつメガフレア・キャノンの出力が安定せず、時には暴発という事故さえ引き起こしたが今回はその望みもない。
 先行者が止められなければ…もはや蘇った悪魔をふたたび地獄に戻せる兵器は地球上に存在しないだろう。

▼装備▼
ギガンティック・シザーx2、メガフレア・キャノンx2、グレネードランチャーx4、コンテナミサイルx1

 先行者ゲーム2 登場人物紹介

 … 「先行者ゲーム1」では新人として入隊。ワン大尉にしごかれるもその才能をかわれ、3機しかいない先行者のうち1機を任されて活躍。新日本陸軍の川村三佐操る「TM−500」と死闘を演じアジア1年紛争を終結させた中華陸軍機甲部隊の伝説のエースパイロット。「先行者ゲーム2」中では少尉、と呼ばれる。
 機甲部隊自主解散後、他の多くの仲間達と同じように英雄としての立場を隠し、十年間どこで何をしていたかは不明。召集をかけたワン大尉は知っているはずであるが、それはゲーム中明かされることはない。人々の願いを一身にうけ、再びあとのない戦いに先行者と共にむかう。その心中はいかなるものだろうか。

 


 …  中華陸軍機甲部隊大尉、47歳。十数年前、汎用人型決戦兵器「先行者」の実戦配備にむけた特別編成の遊撃隊、機甲部隊の設立にたずさわった。「白虎」の異名を持つ歴戦の勇士であり、RA戦争初期には戦車でRA−ASMを6機落とした…といういまも語り継がれる逸話をもつ。
 機甲部隊設立後は少年兵達の教官を勤める一方で自身もパイロットとして前戦で先行者を駆り、おおいに腰を振った。かなりの強面で声も大きく、兵達を厳しく怒鳴りつけるその姿はまさに鬼教官であるが、誰よりも部下の事を思い、それゆえに兵達から尊敬されていた。
 アジア1年紛争終結後はRA兵器の封印と共に中華陸軍機甲部隊の面々も自主解散し、各地で新たな身分を得てそれぞれの生活を築いていた。ワン大尉も退役し故郷の福建省の山奥で異様に眼光の鋭い農夫として鍬を振っていた。
 RA襲撃事件直前に新型RA兵器の存在を陸軍上層部より秘密裏に知らされ、すぐさまかつての教え子達に召集をかけ、自らも再び中華陸軍に戻ることを決意。
 「戦いを忘れられない男達が、役に立つこともあるもんだ。」
 …50を前にして鍛えられた体は、下手なパイロットが乗れば耐えられないという中華ジェット搭載の先行者を軽々と操り、主人公の戦いをサポートする。

 


 … 中華陸軍本部通信士、25歳。ワン大尉の愛娘であり、妻の忘れ形見でもある。特例的に基地内に大尉と共に住んでいた。内向的で気弱だけれど、優しく純粋なその性格はかつての機甲部隊では少年兵達のアイドル的存在として、また本営基地で雑務や料理、洗濯などを甲斐甲斐しく手伝う献身的なその姿は、故郷を離れて戦う兵達にとっての心のオアシスと言えた。
 中華陸軍を家とし育った彼女は、父親であるワン大尉が退役後も陸軍に残り通信部隊に就職。十年後…、今度の戦いにはかつて兄としたったパイロット達の無事を祈りながら、オペレーターとして自らも参加することになる。

 


 … 元・新日本陸軍特務三佐。川村一也、36歳。日本最強の英雄と謳われたエースパイ ロット。日本国家破産後、日本の新生をめざす自衛隊将校としてクーデターに参加するも、SNC社と日系企業連合による企業国家となった新日本においては川村達パイロットの求めた理想は変質させられていった。
 その中でかつて彼もまた戦いを終わらせようと「白き悪魔」と恐れられた最強のRA、「TM−500」を駆り先行者と凄絶な死闘を繰り広げた。その実力と、そして誇り高く理想に燃える姿は多くの兵の憧れであり、まさに英雄と呼ぶにふさわしい男だったがアジア紛争末期に行方不明となり、歴史から姿を消した。
 そして2013年。かつての英雄は10年の歳月を経て、再び歴史の表舞台に姿を現わす事となる。世界に牙を剥く、謎のRA軍団の総帥として。彼は未だに理想を求めているのか、真意は依然として不明である。

先行者トップに戻る。

(C)2002 - シルチョフ兄弟社 All rights reserved.